歯の矯正治療について知りたい

歯列矯正の痛みの辛さ

歯の矯正治療について知りたい
鏡に写る自分の顔を見て、そおっと口を開いてみると、そこには綺麗にそろって並んでいる歯があり、私はこれを見るたびに過去の自分に対して「よく頑張った」と、褒めてあげたい気持ちになってしまいます。私の歯がこのように綺麗に並んでいるのは、中学校生活の3年間を使って、歯列矯正を行っていたからです。私は元々下顎が狭かったため、乳歯から永久歯に生え変わるにあたって、歯科医から確実に歯並びが悪くなってしまうと言われていました。それは、乳歯の抜けた狭いスペースに永久歯という大きな歯が生えてくるには限界があり、それによって永久歯が横に1列に並ぶのではなく、前後に互い違いになってしまうということでした。それがわかっていたからといって、生えてくる永久歯をどうすることもできないため、全て生え揃ってから歯列矯正を行うことになっていました。そうして小学生のときに全ての生え変わりが終わり、中学に入学することをきっかけに、予定していた歯列矯正をスタートさせたのです。

しかしこの歯列矯正というのは、本当に痛くて仕方のないものでした。考えてみると、器具によって無理矢理に歯を動かしていくのですから、当たり前のことなのですが、もう米すら噛むことができないというほど痛く、歯列矯正を始めたことに後悔しそうになったほどです。そんな私は3年間かけてこれを終え、綺麗な歯並びを手に入れることができました。自分のことながら、よく耐えたと思います。

ピックアップ